++空模様 恋模様++

小説や詩などを ただ思ったままに。

CommentList Open >> ▽
Go to the PageTop >> △
■ --------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ 2007-08-14(Tue)

20070814020553.jpg


彼は私の存在を隠していたいようだった。
元カノがいそうな場所へは絶対に二人では行きたがらない。
友達に会いそうな場所では離れている。
そう言った彼の行動に、彼を好きな私が傷付かないわけがなかった。
「ねぇ、好きだよ」
私が伝える言葉も彼にはどれだけの意味があったんだろう。
「うん」
彼の口から帰ってくる言葉に心が締め付けられた。
「私の事好き?」
「…。好きっちゃぁ好き…」
バカでも学習能力はある。
自己防衛本能だ。
知りたい気持ちよりも自分を守る本能のほうが優先された。
私は、彼に気持ちを確かめるような事をしなくなった。

この時点で、私は彼がまだ元カノを好きな事を知っていたし
「あいつの存在ごと受け入れてくれるやつを待ってる」
そう言った彼の言葉通り、私は元カノの存在を受け入れようと必死だった。

毎晩のように泣いた。
会えない日には「会っているのだろう」と胸の内をモヤモヤさせた。

それでも、私は彼の側にいたかった。
好きだから。
そう言ってしまえばそれまでだ。
だけど、彼といるうちに彼の内面や過去や抱えている傷を見ていくうちに
彼の笑顔の奥にあるとても脆い感情を一人きりにする事が怖かったんだ。


ある日、彼と連絡がとれなくなった。
不安で不安で目の前がまっくらになっていった。
繋がらない電話に何度も電話をし、何通もメールを送った。

「どこにいるの?」
「連絡して」
「何かあったの?」

夜中になっても眠れず、携帯を握り締めたまま彼の無事を祈った。
連絡が来た時には3時を回っていた。

「もしもし?!」
ディスプレイに彼の名前を見た途端私は携帯に飛びついた。
携帯の向こうからはエンジンの音が聞こえている。
「もしもし?」
もう一度声をかける。
「…ごめん」
小さな彼の声が聞こえた。
浮いていた腰がスッと力が抜けたように落ちていった。
「…心配したよ……何かあったかと…」
「死のうと思った…」
私は気づかれないように深く息を吐いて目を瞑った。


その時期、彼はとても不安定だった。
私だけが見た彼の内側が私にある決心をさせてくれたのだ。








側にいよう。
支えれるだけ支えていよう。
彼が必要としている限りはそれに答えていよう。

例え、自分が傷付くだけでも…

今は、彼の為の私でいよう…









このお話はフィクションです。
Photo by NOION
■ 2007-08-14(Tue)

P1000033.jpg


友達の紹介で一人の男性と知り合った。
男性と言っても私よりも年下で
今思えばとてもわがままな男の子。
よく振り回されていたな…と言う印象で
あまり付き合った間の良い思い出はない。
ただ、1つ感謝しているのは

彼に会わせてくれた

と言うこと。


私と彼とを引き合わせてくれたのはまぎれもなく
「元彼」という存在だった。

そして、出逢った時彼は元彼の「親友」という立場だった。
元彼のわがままさを知っている彼は常に私を心配していた。
後から聞いた話「俺がアフターフォローしないとって気持ちだった」と言っていた。

元彼と別れた日、彼は仕事を終わらせ言葉どおり飛んで来てくれた。
そして、泣かずに笑っていた私を優しく抱き締めてくれた。

彼にとってはただのその優しさが
私と彼の関係を壊していくには十分すぎるものだった。
少なくとも、元彼と付き合っていた頃から彼の事が気になっていた私にとっては…

友達の一線を越えるのに、そう時間はかからなかった。

だけど…

そこから先は試練の日々だったと思う。
一番近くにいる彼が、ものすごく遠くにいた。



彼には…忘れられない人がいたから…

私が望んでも望んでも手に入れることが出来ない事を
簡単に手に入れる事の出来る人…
彼の優しさを全身に浴びながら違うところを見ているその人を
私はズルイと思った…





このお話はフィクションです。
■ 2007-08-14(Tue)

skyh4_f80.jpg


運命と言う言葉があるのならば
私と彼とは出会うべき運命だったのだろうか。


ただ平凡な私と彼は
ただただ平凡な出会い方をした。


ただただ平凡に「お友達」を得て
強く脆く結ばれた…。




このお話はフィクションです。
■ 2007-08-06(Mon)

柚木、創始それから名前だけ出てきている久遠は
アカデミーに同時入学したいわば同級生。
アカデミー内ではいつも行動を共にしている。
長身で整った顔をした柚木と、スポーツが得意でお人よしな創始に挟まれると
久遠はどうしてか少し幼く見えた。
グレイのしっぽみたいな後ろ髪を後ろで1つに結んでいる。
それを揺らしながらアカデミーを走り回っている姿はもはや有名だ。

柚木と創始はアカデミーを後に、街外れにある久遠の工房に向かった。
石畳の町並みに石造りの家々。
アカデミー生徒が利用する商店や食堂街など。
首都に比べると小さいがそれでもまずまずの大きさの町だ。
久遠の工房はその町を抜け少し丘を登った小さな森の中にある。
道場をしていた祖父が首都で大きな道場を開くからと、古い道場を工房として譲り受けたと二人は聞いていた。
森に入って数分、目の前が開けるとそこにはレンガで造られ大きな煙突がついている建物が見える。
「久遠、いる?」
創始が木製のドアを開けると中では久遠が忙しそうに動き回っていた。
「入るぞ?」
「おー創始―柚木―」
二人の姿を見て久遠は動きを止めた。
部屋の真ん中に置かれた大きな釜には火がたかれ、その脇のテーブルの上にはそこに入れるであろう材料がいくつか用意されていた。
「なにやってんの?」
その材料の1つを手に取り創始が呟く。
「じいちゃんから傷薬作ってくれって言われててさ」
「え?!!」
創始と、本棚の本を見ていた柚木は一斉に久遠のほうを向く。
「お前、傷薬作れんの…?」
「なんとか出来そうじゃん!何事も挑戦挑戦☆」
イエイ!と親指を立ててみせる。
「お、俺…ココにいるの怖くなってきた…」
創始がソーっと柚木の隣にたつ。
柚木も口端がヒクついている。
「さっさと用意済ませて帰るか…」
二人はブツブツ言いながら釜に材料を入れる久遠の背中に微かな恐怖を感じた。
「久遠、黄金蜂の針…余ってるか?」
柚木の言葉に久遠が振り返る。
「昨日創始にもらったのがあるけど、その籠んなかから持ってっていいよ!」
そういうとまた材料と釜に向き直った。
柚木は指差された籠を窓際の棚に発見し、そこから必要な黄金蜂の針を5つ手に取った。
その時二人は信じられない言葉を耳にする…

「なぁ、青トカゲの骨がないんだけど、赤トカゲのでいいかな?」
「え??」
我が耳を疑う。
「いいよな!よし、入れちゃお」
「待て!入れるな!!!!」
創始が手を伸ばす。
が、一歩遅く久遠の手から小さく砕かれた粉が釜の中へと滑り落ちていた。
「あれ?ダメだった??」
「ば、バカか!!!赤トカゲは…」
柚木と創始が怒鳴り終わる前に大きな爆発が3人を包んだ。


ドン!!!!!


爆風と共に3人は外に放り出された。
「…テテ…」
草むらの感触を感じながら創始が起き上がる。
少し離れた所で柚木も起き上がっているのが見えた。
「大丈夫か?」
創始は柚木に近づき手を差し出した。
明らかにムスっとした顔の柚木が創始の手を掴み立ち上がる。
「二人とも大丈夫?!」
久遠の声を聞いた瞬間柚木の顔が引きつるのを創始は見逃さなかった。
「いやぁ!ビックリしたぁ!すごかったな!」
ケラケラと笑いながら久遠は煙が立ち昇る自分の工房を見上げた。
「でも、なんで爆発したんだろ…」
腕を組み、うーんっと首をかしげる。
そして「な?」と二人のほうを振り向いた。
それと同時に柚木のゲンコツが久遠の脳天にヒットした。
「ってー!!!!!!!!!!!!!!!」
「お前は…バカか?!!!!!!!」
「いてー!なにすんだよ柚木?!!!」
「傷薬作るのに赤トカゲ入れる奴がどこにいんだよ!」
「青トカゲがなかったから赤トカゲでもいっかなぁって思って」
頭をさすりながら「えへ」と笑う。
「赤トカゲは爆弾を作るときの材料だ!ぶわぁか!!」
「あれ?そうだったっけ…ま、また作ればいいし!悪かったって」
悪気のない笑顔に柚木はそのままうなだれてしまった。
それをみて創始はもう苦笑しかでてこず、当の久遠は煙が引いたのをみて工房へと笑いながら戻っていく。
「取り合えずもらって帰ろうぜ」
創始の言葉に柚木も工房へ向かった。
「散らかった。柚木!掃除ホウキ貸してv」
「先に黄金蜂の針よこせ…」
ん。と手のひらを差し出され、久遠は「あ…」とバツの悪そうな笑顔を向ける。
「窓際に置いてたからさっきので吹っ飛んじゃったv」


「…」


「なぁ、柚木どうしちゃったの?」
「あいつの夏のバカンスもさっきの爆発と一緒に飛んじゃったわけよ」
「??」

■ 2007-08-04(Sat)

王国暦630年。
この国に錬金術師を育てるアカデミーが出来て100年。
この年創立100年を迎えたアカデミーはあるイベントを行うことになっていた。

掲示板を前に群がる錬金術師の卵たち。
本編の主人公の一人でもある柚木も例外ではなかった。
「ふーん」
分厚い本を脇に抱え、空いた方の手で軽く髪をかき上げる。
薄くオレンジがかったストレートの髪がサラッと指の間から滑り落ち、切れ長の目に軽くかかる。
「…っと、課題の材料材料」
あまり興味がないのか柚木は掲示板の内容をサラッと流し人山を抜けた。

「いらっしゃいですわ」
アカデミー内にある購買。
錬金術に必要な材料や道具、参考書などが置いてある。
「エイミー、黄金蜂の針が欲しいんだけど」
カウンターに軽く上半身を乗せ店番の少女に顔を近づけた。
「柚木さん顔が近いですわ」
ニッコリと微笑まれ「あ、そう?」と上体を起こす。
「で、ある?」
「残念。今朝売ったので最後でしたわ」
ほほほ。と笑うエイミー。
「最近品揃え悪くない?」
少々ムッとしながら柚木は購買部の中を見渡した。
少し前から品物の数は激減、棚や籠の中はガランとしていた。
エイミーは柚木の言葉に「ふー」とため息をつく。
「仕方がありませんわ。首都アビベリーと繋がる橋が壊れてますもの」
「って言われてもなぁ。課題出来なきゃ落第だしな」
と言いつつあまり困った様子はみてとれないのが柚木である。
涼しい顔でポリっと耳の後ろをかいた。
「何でしたら、ご自分で採りに行かれたらどうです?黄金蜂なら裏の森に行けばいると思いますよ」
「ま、考えてみるよ」
そういうと軽く手を上げ購買部を後にする。
購買部を出るとまだ掲示板に群がる生徒たちがいた。
柚木はその中に知った顔を見つける。
「…創始?」
名前を呼ばれた生徒は群がる生徒たちの一番外側で、ズボンのポケットの両手を突っ込んだ格好で掲示板を遠めに見ていた。
「よぉ」
柚木に気づきゆっくり歩いてくる。
「なにやってんの?」
短髪より少し長い髪をツンツンと立てた黒髪は大きい目に良く似合っている。
だが可愛いという感じではなくありふれたどこにでもいるような男の子だ。
柚木と並ぶから余計にそう見えるのかもしれない。
2人は並んで歩きだした。
「黄金蜂の針が切れてさ、課題に行き詰った。お前持ってる?」
「ない。昨日久遠に残ってる分全部やったからなぁ。今行けばまだ残ってるかもよ?」
創始の言葉に柚木は軽く肩を落としため息をつく。
「昨日?くそ…先に創始んとこ行きゃ良かった」
それを横目に創始は「ははっ」と笑い「付き合うよ」と柚木の肩を叩いた。

■ 2007-08-04(Sat)

開成学院の錬金術師たちはオリジナルで書き続けているオリジナル小説
開成学院高等部のファンタジーシリーズとして書き始めたものです。


キャラのイラストなどオリジナルページはこちらになります。
開成学院高等部


■ 2007-08-04(Sat)

DVC00076.jpg



沈む夕日はきみですか

手の届かないところへ帰ってしまう


そして

明日はまた当たり前のように

会いに来てくれる



沈む夕日はきみでしょうか

また手の届かないところへ帰ってしまう
■ 2007-08-02(Thu)

20051119203328.jpg


見上げれば青空。
この空を君も見上げているだろうか。

手を伸ばせば
君の温もりがあるようで

私はずっとずっと高く
この両手を伸ばした。


君に会いたい。
 H O M E 




プロフィール......

ゆか

★ランキング★......

いい女塾

最近の記事......

カテゴリー......

月別アーカイブ......

最近のコメント......

最近のトラックバック......

ブロとも申請フォーム......

この人とブロともになる

リンク......

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索......

RSSフィード......

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。